• 001
  • 002
  • 003
  • 004

ニュース

東京夢華録

出所:オリジナル 作者:管理者 閲覧量:117 発表時間: 2018-07-06

  東京夢華録は中国、北宋(ほくそう)(960~1127)の首都であった開封(かいふう)における都市生活の記録。作者は宋の孟元老,号は幽蘭居士、本名は孟鉞で、嘗て開封府の儀曹として仕事をしたことがある。彼は、北宋末期に生まれ、東京では23年間生活していた。本の序によれば、彼は、晩年、旧京である東京の繁栄ぶりを追憶し、「東京夢華録」10巻を書かれていた。本の中に、当時の東京城の城郭や河、宮殿、衙署、お寺や道観、橋や巷、瓦市と勾栏、朝廷の礼儀儀式、民間の祭り、风土风习、物産や各季節の果物、それぞれの街の様子等について、克明に記載し、特に、当時の市場、作業場、商業、文化、交通等の発達ぶりと宫廷と民间の「百芸」等を记录し、清明上河図と共に、北宋諸事情を研究する上で、贵重な记录を残した。

清明上河図

開封市にある清明上河園というテーマパーク

 

前の章:清明文化祭 次の章:開封では明代の永寧王府遺跡を発見
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市金明区晋安路58号市役所1号楼4階東側
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。