• 001
  • 002
  • 003
  • 004

ニュース

習近平総書記 「焦裕禄精神は永遠」

出所:人民網 作者:駅長 閲覧量:41 発表時間: 2014-03-24

 習近平中共中央総書記は17日、大衆路線教育実践活動に関連して河南省蘭考県を訪れた。蘭考県は「県党委員会書記の模範」焦裕禄氏がかつて働いた地だ。習主席は到着すると焦裕禄同志記念館に直接足を運び、焦氏の5人の子や焦裕禄式の良き地元幹部と面会した。習総書記は「焦裕禄氏が他界してから50年になるが、焦裕禄精神は永遠だ。焦裕禄精神は井岡山精神、延安精神と同様、共産党員精神と党の趣旨を体現しており、大々的に発揚する必要がある。われわれが中国の特色ある社会主義を実行する限り、われわれがまだ共産党である限り、この精神は伝えていかなければならない。党中央は焦裕禄精神を引き続き学ぶよう全党に呼びかける」と述べた。新華社が伝えた。

  蘭考県は人口83万人の国家貧困地区支援・開発重点県で、長年風砂や洪水などの災害に悩まされていた県であり、焦裕禄精神の発祥地でもある。焦氏は1962年12月から1964年5月まで470日余り蘭考県で働き、農民と寝食を共にし、全県民を率いて風砂防止などに取り組み、「三害」と闘い、事業と環境対策の結合の道を切り開いた。2013年に蘭考県の総生産額は193億元に達した。

前の章:韓国JTBCテレビ観光バラエティ番組 次の章:開封の復興から中国の夢へ
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市金明区晋安路58号市役所1号楼4階東側
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。