• 001
  • 002
  • 003
  • 004

見所

開封のユダヤ人の歴史

出所:オリジナル 作者:管理者 閲覧量:472 発表時間: 2018-07-06

 今から約千年前の北宋時代にユダヤ人の一部は当時のローマ帝国からの被害を避けるためにシルクロードに沿って、様々な苦難を乗り越えて当時の都-東京(現在の開封に到着した。彼らは当時の皇帝を拝見し、故郷から持ってきた宝石等のお土産を献上した。当時の皇帝から「帰我中夏、遵守遺風、留遺べん梁」との許可をもらったと同時に石、高、艾、李、張、趙、金等の漢民族の名前を賜れた。開封のユダヤ人の歴史
昔開封に来たユダヤ人が長い歳月の中ですでに完全に同化してしまった。 しかし、同化されながらも明代は開封ユダヤ人コミューンにとっては最盛期だった。話しによればコミューンの人口は千人を越え、富を持ったものが多かった。商売に長じ、教育に熱心で 歴代20人もの進士を輩出している。
 1850年開封のユダヤ教会最後のラビ(ユダヤ教の聖職者)がなくなった。従来の ラビは弟子を取り、世襲制であった。しかし本国との交流を絶たれ、中国文化に同化しつつあった開封ではラビも知識が浅はかであったのか若者を惹きつける力がなくなっていた。 そして教会も洪水で破壊されたあとは修理する人も開封のユダヤ人の歴史なくなっていた。
 かつてのユダヤ人が集中に住んでいるところ(コミューン)は「教経胡同」と呼ばれていた。ユダヤ人が祖先を記念するため、牛や羊を殺す時にその足の筋を取り除いていたため、最初は地元から「挑筋経」と呼ばれていた。ユダヤ人はいつもキバと呼ばれる青い帽子をかぶっているので 長い間、ユダヤ人の子孫達のことはイスラムの回族とはあまり区別できないため「藍帽回回」と呼ばれていた。

 

 

前の章:懸河奇観 次の章:北方の水都
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市晋安路158号
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。