• 001
  • 002
  • 003
  • 004

見所

北方の水都

出所:オリジナル 作者:管理者 閲覧量:277 発表時間: 2018-07-06

「黄河の水は天から来る」と唐代の大詩人李白の詩は決して過言ではない。 黄河の中下流の沖積平野にある開封は山が全然ないがかえって水がとても豊富。城内には龍亭湖、包公湖、鉄塔湖、日光湖など、城外には黒池、柳池などの湖がある。
    春秋時代の時、魏恵王は大梁開封に都を定め、耕作と灌漑を奨励し、用水路と運河をを掘る事に力を入れた。また、宮殿と花園を造営し、商工の発展を呼びかけた。当時、黄河は大梁の北部に流れ、比較的に遠かった。黄河の水を有効に利用し、生存環境を有効に改善使途と同時に魏国の経済の発展にも重要な役割を果たした。鴻溝はと当時の世間の一大工事として数千万人の人力を動員した。誰もが予想されていないことが発生した。秦は魏が秦に鴻溝の水を利用して城をを滅ぼしてしまった。帰って国民はが塗炭の苦しみをなめることになってしまった。魏の都も廃虚になってしまった。「水は舟を浮かぶことができるが、舟を転覆することもできる」との名句があるが、水は町のためになるがたまには町を破壊するものになると言えよう。
    紀元960年、趙匡胤が陳橋では反乱し、皇帝の服を着せられて北宋王朝を建設し始まった。開封は「華麗天下無し、人口百万超えた」という世界一流の大都市に作り上げた。また、街づくりも北方水城という珍しく美しい風貌を形成した。城中の流れはすきまなく広がり、東西南北に繋がった。舟も人々の通常の足になった。当時の場内に汴川、蔡河、金水川、五丈河という流れがあり、南東北西四方はそれで流れていた。汴河は重要な水運のルートとして南北をつながり、当時の交通と経済の大動脈と言っても過言ではない。当時の様子を《清明上河図》という名画の中にもリアルティに描いた。汴河はリボンのようにまだ城内城外の多くの景観を育成した。「隋堤煙柳」即ち古汴京八景の一つだった。
    水がある都市におよそ名残を惜しんだ韻致がある、いわば水は魂見たいような存在である。今開封城には三つの川と五つの湖がある。清水河、恵済河、広済川、包拯湖、潘楊湖、鉄塔湖、柳池と黒池等が鏡のように市内に点在している。開封の開発計画としては包公湖は龍亭湖と水路でつながり、近い将来、城内城外の湖と河が一体化にしようと考えている。
    開封は古くから傑出した人物が多く育成し、たくさんの偉大な詩人と学者が開封に来て、行吟した。李清照の少女時代も開封で過ごした。李白、杜甫、蘇東波、欧陽修はみんな開封で名作を作った。そのうちの李白の「梁園吟」はさらに多くの人々によく知られている。また、多くのエピソードを残した。伝説によれば李白は嘗て梁園で杜甫と高と会合し、お酒を楽しみながら詩を書いた。当時の汴梁城に宗と言う財閥は李白の才気に惹かれ、千金で李白が壁に書いた詩を買い、また自分のお嬢さんも李白のお嫁にしたとの話がある。調べによれば宗という名の才女は昔確かにいた。はかえって確かにその人をいた。考証によれば、李白は梁園にも家が有ったことが分かった。宗氏の祖父の名は宗楚客と言い、唐の高宗の時の宰相だった。当時は皇后の韋后に頼って、唐の玄宗に殺された。李白と宗氏が結婚してから依然として方々で漫遊していた。やがて、安史の乱が起こり、彼はやっと宗氏と宗の弟が江南に引き揚げた。「一朝去京国、十載客梁園」はその当時の心境を語る名作である。    
 歴史があってロマンがある。これこそ水都の魅力。

御河

開封西湖
 

前の章:開封のユダヤ人の歴史 次の章:龍亭公園
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市金明区晋安路58号市役所1号楼4階東側
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。