• 001
  • 002
  • 003
  • 004

見所

開封府

出所:オリジナル 作者:管理者 閲覧量:286 発表時間: 2012-05-18

  開封府はまた南衙と言い、紀元907年から建て始め、北宋時代になったら、最も雄大に建築し、「天下一の首府」とも呼ばれていた。今日の開封府は宋代の「営造法式」によって建て直した。府門、正庁、議事庁、梅花堂を軸として、ほかに清心楼、明礼院、天慶観など50余りの殿堂がある。整然とした配置で、荘重典雅な趣がある。

 開封府で言えば、中国ではすぐに包公の名前を思い出させる。包拯は北宋時代の開封府府尹で、で、権力に恐れず、賄賂を一切受け取らず、どんな相手でも公平な姿勢で判決を下していくという清廉潔白で正義感にあふれる裁判官、人々から「包青天」と讃えられました。「包青天」や「少年包青天」等の連続ドラマは中国にだけではなく,韓国や東南アジアの国々でも超人気。日本で言えば「大岡越前」の大岡忠相や「水戸黄門」の徳川光遠山の金さんみたいような存在である。

入口

包青天

中庭

 

 

 

 

 

 

 

前の章:中国翰園碑林 次の章:清明上河園
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市金明区晋安路58号市役所1号楼4階東側
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。