• 001
  • 002
  • 003
  • 004

お土産

朱仙鎮木版年画

出所: 作者:管理者 閲覧量:13 発表時間: 2012-08-22

 

朱仙鎮の木版年画はまた「門神」ともいう。その歴史は唐の時代に遡られる。中国の最も古い年画の一つである。北宋初期、朱仙鎮の木版年画は一番繁栄納時期を迎えた。明や清の時代になって、だんだん衰弱になってしまった。解放後、民間では研究開発され、またせいさんできるようになった。  
朱仙鎮の木版年画の主な内容は仏教、道教、と儒教の人物と72の行業の崇拝する神々や英雄人物、吉祥品などである。図案の配置は厳格で人物は生き生きとして、いろ鮮やかで、虫除けや色あせを防ぐことができ、表装しやすい特徴がある。

藤派の蝶々の絵の思想は唐の太祖李淵の22番の大使で李元嬰だった。昔からも宮廷収蔵品として有名である。蝶々は本物にそっくりで行き来している。


 

前の章:清明上河図 次の章:汴繍
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市金明区晋安路58号市役所1号楼4階東側
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。