• 001
  • 002
  • 003
  • 004

お土産

汴繍

出所: 作者:管理者 閲覧量:55 発表時間: 2012-08-22

 

 また宋繍と言う。現在まで800年あまりの歴史がある。中国の有名な刺繍の一つである。「東京夢華録」の記載によると、北宋時代の開封の皇室では「文繍院」という刺繍の工房を設置し、帝王、皇后及び皇室にいる高官に服装の飾りとして刺繍をつくっていた。その後、民間までも刺繍の生産が発展させ、暖簾や額には刺繍の飾りは少なくなかったようである。金の侵入と宋の南遷や黄河の氾濫などでだんだん衰弱になってしまった。
  
繍は中国の古いGを刺繍するのは有名で、その代表作は刺繍「清明上河図」である。近年にはまた各国の元首や有名人の肖像を刺繍した。作品は実物にそっくり、色彩と富む。技法が木目細かく、立体感が強いなどの特徴があり、人々に愛されている。製品は単面刺繍、両面刺繍などがあり、ヨーロッパやアジアなど30以上の国に販売されている。

 

前の章:朱仙鎮木版年画 次の章:官磁
開封市人民政府外事僑務弁公室

住所:開封市金明区晋安路58号市役所1号楼4階東側
郵便番号:475000
電話:0371 - 23965719
ファックス: 0371 - 23965709
メールアドレス:faokf@ vip.126.com

著作権所有権すべてが開封市開封市人民政府外事僑務弁公室にあり、許可されず、複製、転載または抜粋してはならない。